病院薬剤師と薬局薬剤師のお給料

2017/07/11

薬剤師には主に、病院で勤務する病院薬剤師、調剤薬局で勤務する薬局薬剤師、ドラッグストアで勤務する薬剤師がいます。

  1. 調剤薬局    約400~650万円

  2. ドラックストア 約400~700万円

  3. 病院       約400~650万円

病院薬剤師は、門前薬局などの調剤薬局に勤務する薬局薬剤師に対して、医療や薬学などの薬剤師としての専門性が高く、医師や看護師とともに医療スタッフの重要な役割を果たしています。そのため、他の職種との関係からも、年収はある程度抑えられるようになっています。

一方で、薬局薬剤師は、小型店の多い調剤薬局における運営という仕事も担わなくてはならず、店長や管理職になることも多いため、病院薬剤師に比べて年収の幅が大きくなります。

また、高収益モデルであるドラッグストアでは、店長や管理薬剤師として、さらに大きな年収を手にする薬剤師もたくさんいます。薬剤師以外の多数の従業員が薬剤師免許で経営できる店舗で働けていることを考えると、当然の仕組みといえるかもしれません。

一概には比べられませんが、病院薬剤師 < 調剤薬局薬剤師 < ドラッグストア薬剤師

また地方や年齢によっては、この傾向は益々強いかもしれません。

いずれにしても、薬剤師の平均年収は、一般サラリーマンよりは高いといえるでしょう。

 

-薬剤師のお給料・年収